読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約3週間Twitterをやめてみてわかったこと

2月頭から昨日までTwitterをしていませんでした。なんだかしんどくなったというか、このままじゃいけないなと思ったというか。ちょうどテスト期間とも被っていたこともあり、アプリまるっと消して整理をしてみてわかったこと、感じたことを書き留めておきます。

 

 

 

①つぶやけない

今回、これが一番大きかったかなと思います。お友達でジャニーズWESTが好きな子がいるわけじゃないので、自担の話をする場所がないんですね。Twitterはもちろん見ていない方の人が多いけど、不特定多数の人に自分の考えとか自分の気持ちとかを基本的に140字以内であればなんでもつぶやいていいんですよ。最低限のマナーさえ守ることができたらなんでもつぶやいていい。

こういう場所がなくなったのは最初のうちは結構堪えました。しかし、一週間もするとそんな気持ちは薄れてきました。これをしゃべりたい!あれを言葉にしたい!の優先順位が自分の中ですっと下がっていったんだと思います。

あとつぶやけないということは自分の考えを発信する場がないので、どうしようもなく誰かに伝えたい!と思っても誰も聞いてくれないし誰も共感してくれない独り言になっちゃうのはなんとなく寂しかったです。

 

②情報についていけない

これは性格的な問題ですが、情報を自分から集めるのが面倒くさいんです。集めた情報がまとめられたものを見るほうが好き。絶対情報垢の中の人にはなれません(笑)Twitterは調べたり情報垢をフォローすればほぼ漏れなく、だれがいつどんな番組に出るのか、雑誌に出るのかがすぐわかってしまう!便利!だらずな私にとってはこうやって情報を簡単に集められる場所があるのはありがたいんだなぁと実感しました。

あと、テレビなし生活しているので番組は基本的にTwitterで観た気分になったあとに答え合わせの感覚で実家のレコーダーに録画してあるものを見るスタイルなのですが、Twitterにいないとなにやってるかわからず、あれ、全く見ていないものがたまってる!と驚きました。

テレビかスマホかどちらかは情報源として大切だと思っているので、ほぼTwitterでニュースとかも見ていた私にとってテレビもTwitterもない=情弱でした。

 

③生活スタイルはそんなに変わらない

Twitterを見て、暇を見つけてはTwitterを見て、テレビの時間になればTwitterを見て、夜寝る前にTwitterを見て…みたいな生活してたんですけど正直それはほとんど変わらなかったです。Twitterしてなくても、スマートニュースのグルメ欄舐めるように見てたし、VineやらInstagramが面白くてなんだかんだスマホ手放せてなくない?みたいな。

逆にほんとに切羽詰まった時は見なくても大丈夫なのでTwitterやってるやってないに関わらず、やらないといけない時ってスマホなんてどうでもいいんだよなぁと思いました。Twitterやっててもできる人はできるんだよ、というのが持論です。


④インターネットとの付き合い方

こんな教科書みたいな見出しでもそんな深いこととかタメになることは一切お話ししませんよ。

Twitterちょっとお休みしてみたことの理由として、勉強すること以外に人と距離を置きたかったというのもあったんです。いや①と矛盾してるじゃん?って思われると思うんですが、なんとなく自分の中でしんどくなったというか。なのでひとつの区切りの意味でもTwitterをやめていました。

結果、Twitterは全世界の人がやらないといけない義務なんてどこにもないのでもっと軽く関わるくらいでいいんじゃない?と思えるようになりました。つぶやきたくなかったらつぶやかないし、見たくなかったら見ない。見なくても死なないので、自由きままにもっとライトに関わることにします。

よってリプ返とかめちゃめちゃ遅くなるかもしれないけどその時のために今謝ります、ごめんね!!



ざっと上記4つが大きな点でした。たぶんこれからは今までより軽くTwitterとお付き合いすることになると思います。あくまでもただのSNSなので自分らしく無理せずに楽しみます。


最後までありがとうございました。オチはありません。