読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニヲタがモーニング娘。になんだかんだでハマるまでの6か月

私のアイデンティティーはジャニヲタですと胸を張って言えます。こんにちはジャニヲタです。そんな私も久しぶりにジャニーズ以外の沼を見ています。深い。

その沼とは!!!

f:id:mochi_pan:20170318113621j:plain

 

モーニング娘。’17です!!!2017年なので’17(ワンセブン)です!!!

みんなかわいい!!すき!!

 

脳内溶かされてるジャニヲタがいかにしてモーニング娘。にハマったのかを語りに来ました。

 

モーニング娘。’17春ツアー初日おめでとう!祝まーちゃんこと佐藤優樹ちゃん復帰!祝13期初単独ツアー!

 

 

モーニング娘。との出会い

2016年初夏。タイムラインに突如現れたこれ。とりあえず見てください。

matome.naver.jp

サタデーナイトがたくさんある時間の中で一番好きな時間帯な私にとってこれは魅力的だった。という冗談は置いといて、純粋に面白かった。ヲタクって大喜利大好きじゃん?

で、ヲタクは自分の推しをたくさんの人に見てもらいたいと思う生き物でもあるじゃん?もちろん抜かりなく流れてきた。軽率に見てみる。

(ちなみにこの時点で知っていたメンバーは鈴木香音さんの顔のみ)


モーニング娘。'16『泡沫サタデーナイト!』(Morning Musume。'16[Ephemeral Saturday Night]) (Promotion Edit)

 

...多い

 

今まで9人同時に見るのが私のキャパシティーだったがゆうに超えられた12人でのパフォーマンス。本当に申し訳ないがわからないので勉強に走る。

 

matome.naver.jp

(現在は更新されて’17ver.になっています)

 

テレビでよく見た道重さんに、もう一つのアイデンティティPerfumeの後輩ASH出身の鞘師さんがいない。唯一知っていた鈴木さんも卒業した直後ということで本当に0からはじめてのモーニング娘。である。

 

譜久村さんがかわいいのでもう一度譜久村さんを追いかけるためにPVに戻る。


モーニング娘。'16『泡沫サタデーナイト!』(Morning Musume。'16[Ephemeral Saturday Night]) (Promotion Edit)

かわいい(満足)

 

ここでモーニング娘。との初めての出会い、いったん終了。

(このときKAT-TUNハマりたてだったあたりどうしようもないジャニヲタ)

 

 

MEET モーニング娘。(1回目)

それはFNSうたの夏まつりでのアイドルメドレーでした。


モーニング娘。'16 『ハッピーサマーウェディング/渚のシンドバッド』 FNSうたの夏まつり2016

ウエディングドレス風ミニドレスをまとった娘。たちが異様にかわいい。

 

エッカワイイ待ってむり。(語彙力消滅)

 

譜久村さんかわいい。

 これはFNSのときより少し前(THE MUSIC DAYの時)のツイートになるのですがほんとにかわいいな譜久村さん。よく似合ってる。

この日から私の中でハッピーサマーウエディングのプチブームが起こる。

 

 

MEET モーニング娘。(2回目)

そして冬になりました。FNS歌謡祭。

モーニング娘。を見る機会があることを楽しみにしていた。Twitterで出番が終わったことを確認し、検索。

 

むりかわいい

 敗北宣言。

実はこの時までふくちゃんしか顔と名前が一致していなくて、かろうじてどぅーこと工藤遥ちゃんがわかるかなくらい。とりあえずリアルのジャニヲタ仲間に報告してみる。

 

私「最近モー娘。がかわいくてやばい」

友達「えっ、マジで?」

私「うん、むりやばい」

友達「○○(本名)ちゃん、ハロプロいいよ!ハマろう!」

私「えっ...??」

 

そうです私が知らなかっただけでキスマイ担のジャニヲタ仲間はハロプロとの兼ヲタだったのだ!!!まじかよ!!

ということでめでたくモー娘。の動画をあさり続ける日々が始まります。

 

matome.naver.jp

 

ということでメンバーを覚えなおす。

 

ジャニヲタ、鞘師に出会う

 

そしてこの動画を見る。


愛の軍団

 

あっ...すごい踊りうまい人いる...

 

鞘師さんや....

 

あなたがあのASH出身の鞘師里保さんね...ほんとにダンスが上手(号泣)

 

めっちゃ推したいのにもう卒業しんさったやないかぁぁぁぁぁぁ

ああああああああああ(大号泣)

 

いろんな意味で鞘師さんにトドメを刺されました。

悔しい...なんで推させてくれないの...

 

 

 

 

なのでモーニング娘。’17箱推しということで応援させていただきます!

(ちなみにまーどぅーという概念にはとてもやられてます。ジャニヲタがシンメに抱く愛というかこだわりってすごいじゃん?まーどぅーにはそれに女の子同士の友達関係が合わさった独特な雰囲気を感じる。


総集編:まーどぅー その3(佐藤優樹、工藤遥)

百聞は一見に如かず。35秒あたりからまーちゃんが「どぅー!」と階段下から呼ぶのやばい。YABAIZO。)

 

まだジャニヲタとしてやってみたいことたくさんあるけど、さらにまた一つモーニング娘。のライブに行くという目標ができたので楽しく兼ヲタ始めます。

 

 

現在モーニング娘。’17のニューシングル「BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー」発売中です。かっこいいしかわいいのでぜひ見てみてください!


モーニング娘。'17『BRAND NEW MORNING』(Morning Musume。'17[BRAND NEW MORNING])(Promotion Edit)


モーニング娘。'17『ジェラシー ジェラシー』(Morning Musume。'17[Jealousy Jealousy])(Promotion Edit)


モーニング娘。'17『モーニングみそ汁』(Morning Musume。'17[Morning Miso Soup])(MV)


モーニング娘。’17『モーニングみそ汁』(キャンプファイヤー Ver.) (Morning Musume。'17[Morning Miso Soup Campfire Ver.])(MV)

 

 

BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー(初回生産限定盤SP)(DVD付)

BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー(初回生産限定盤SP)(DVD付)

 
BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー(初回生産限定盤A)(DVD付)

BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー(初回生産限定盤A)(DVD付)

 
BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー(初回生産限定盤B)(DVD付)

BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー(初回生産限定盤B)(DVD付)

 
BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー(A)

BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー(A)

 
BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー(B)

BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー(B)

 

f:id:mochi_pan:20170318145029j:plain

以上!転げ落ちるまでは実質1ヶ月もかかっていません!ありがとうモーニング娘。’17、ツアー頑張ってね!

 

 

ジャニーズWESTの新たな幕開け ~「ジャニーズWEST1stドームLIVE 24(ニシ)から感謝届けます」が最高だった話~

1stドームへ行ってきた。入る前からドキドキが止まらなかったし、入った後は今までに味わったことのない充実感とともに早く映像化されないかななんて思った。

 

とにかく最高だったこのコンサートの魅力を届けたい!という気持ちで今日は筆を執った次第だ。私はセトリの流れに心を打たれたのでそこに重点を置いて書いていこうと思う。

 

12/24 セットリスト

1.ええじゃないか

2.ズンドコ パラダイス

3.ジパング・おおきに大作戦

4.パリピポアンセム

~挨拶~

5.SCARS

6.Can't stop

7.Criminal

~映像~

8.Jr.時代の楽曲メドレー

 ・アメフリ→レインボウ(桐山・中間)

 ・Stay Gold(濵田/桐山・中間)

 ・Dial Up(重岡・神山・藤井・小瀧)

 ・NEXT STAGE

 ・シルエット

9.粉もん

10.100% I Love You

11.浪速一等賞!

~MC~

12.ボクら

13.関西Jr.メドレー

 ・Happy Happy Lucky You!!/関西ジャニーズJr.

 ・Dream Catcher/関西ジャニーズJr.

 ・BIG GAME/関西ジャニーズJr.

14.クリスマスメドレー

 ・シンデレラ・クリスマスKinKi Kids

 ・Lovely Xmas(重岡・神山)

 ・MIRACLE STARTER~未来でスノウ・フレークス~/V6(桐山・小瀧)

 ・WISH/嵐(中間・藤井)

 ・Sexy Summerに雪が降るSexy Zone(濵田※決め台詞のみ)

 ・SNOW DOMEの約束/Kis-My-Ft2(重岡・中間・小瀧)

 ・Sexy Summerに雪が降るSexy Zone(濵田)

 ・SNOW! SNOW! SNOW!/KinKi Kids(桐山・神山・藤井)

 ・10年後の今日の日も/関ジャニ∞

 ・Coloful Magic

15.エエやんけェ!!

16.アカンLOVE~純情愛やで~

17.ホルモン~関西に伝わりしダイヤモンド~

~映像~

18.CHO-EXTACY

19.one chance

20.ラッキィスペシャ

21.バンバンッ‼

~挨拶~

22.All My Love

 

~ENC~

23.人生は素晴らしい

24.青春ウォーーー‼

25.マ・ル・モ・ウ・ケ 

 

 

OP映像

ジャニーズWESTはやはり最高のプレゼントを届けてくれるサンタさんだった。乗っていたソリの手綱か切れて京セラドームに落っこちる7人のサンタたち...。

 

ええじゃないか

京セラに落っこちた時点で映像が途切れ、メインステージの白幕が会場中の注目を集める。幕が下りた瞬間に上がる歓声、ええじゃないかのポーズを決めステージの上に立っていたのは他でもないジャニーズWESTの7人。「せーの!」「ええじゃないか~~!!」京セラが一つになって新しいコンサートを作り出す幕開けにぴったりの曲だった。24日の公演では開演前にペンライトを振りながら流れるええじゃないかに合わせてプチカラオケ大会が開かれていたので(アットホームな感じがしてやはりWESTのファンは素敵だと思った)この時点でええじゃないか聞けたのはすごく楽しかったし、なによりいいデビュー曲だといつも思う。みんなで歌えて、みんなで踊れて、みんなで盛り上がれるこの曲の万能さはすごい!

 

ズンドコ パラダイス→ジパング・おおきに大作戦→パリピポアンセム

登場から4曲の間はみんなで盛り上がれる曲で固めたブロック。こう見ると頭からここまでの曲はデビューしてから1年の間に出た曲たちで、ということはそこまでの期間はジャニーズWESTの明るくて、わちゃわちゃした感じが前面に出た曲が多かったのかなと考える。合わせてパブリックイメージもこの路線かと思う。しかしこれらがA面やリード曲として世に出される一方で、CriminalやCan't stopがカップリング、アルバム曲として発売されており、ファンの中では当初から大きなギャップというものがWESTの強みだったのではないかなとも。初ドーム公演でジャニーズWESTを初めてみるという方もいらしたと思うので前半4曲のこの流れはライブに入り込みやすい丁寧な流れだと感じる。

 

 

SCARS

挨拶が終わり、衣装チェンジ。SCARSのイントロが流れた瞬間盛り上がる会場。私もまさかここでSCARSが見れるとは思っていなかった...。ジャニーズWEST入門編として4曲聞いていたら急に歌うま集団ジャニーズWESTが頭角を現してきてこれは腰を抜かれてしまう。濵田大先生のアレンジも聞けたので大満足すぎた。ファンの間でSCARSは大人気なのでファンのツボを知っている彼らには信頼しかないないとべた褒め大会が私の中で始まる。

 

Can't stop→Criminal

SCARS終わってからキャンストのイントロは反則技。多分セトリ考えた人レッドガード出されるよ。SCARS、キャンストともに複雑な恋愛模様を描いた曲。ジャニーズWESTのラブソングには直球なもの少ないよね。キャンストと言えば1年前にべスアで披露したときが懐かしい。ジャニーズWESTのパワーがうかがえる曲で何より興奮したのはなんといっても炎!スタンド下段だったけど熱かった!キャンストが炎のイメージなのはすごくわかる。個人的にはキャンストに心の中でくすぶる熱い気持ちが体の中を炎のように駆け巡るイメージを持っている。

そしてCriminalまでやってきた。Criminalもまた聞けるとは思っていなかった。リリースの順番はCriminal→Can't stopだが、歌詞のストーリーとしてはCriminalはCan't stopよりも後に起こった出来事であるためこの順番で来るとなるとこの流れ待ってた!と体が喜んだ。

コンサート前のこんなつぶやき。狂愛三部作*1を時系列で歌ってほしいとEternalが出たころから思っていて。コンプリートまでは行かなかったけれど今この流れで見れたことが嬉しかった。Criminalは久しぶりに聞いたけど相変わらず狂人チックなWESTが見れてかっこよかった。

 

 

映像

かわいらしい男の子が時計を見ると逆戻りになる時計の針。デビュー会見の際にあべのハルカスの頂上で歌ったええじゃないかの映像が流れる。そしてそのまま時間の針は戻り続けm映像はジャニーズWESTがJr.だったころのものへ。私からするとほとんど初見の映像であったためみんな若いしかわいいなぁと。アクロバットを決めたあとみんなが濵ちゃんだろうな~と思っていたのに振り返ったら照史くんだった時の会場の声は忘れられない。

 

アメフリ→レインボウ

個人的に中間桐山の2人で歌うことがあるのであれば、V.I.P.だと思っていた。シャンパングラスで乾杯する用意もできていたというのに、メンステのせりから登場する淳太くんと照史くんとともにドームに響いたのはアメフリのイントロ。今年の夏はたくさんの後輩が歌っていたアメフリ、まさかイブに本家本元が聞けるとは思っていなかった。ジャニーズWESTのメンバーとして京セラにたって2人の持ち曲を歌ったときに見えた景色は数年前は考えつかなかったものだったかもしれない。けれど、今この時期にあの場でアメフリを歌ったことは大きかったのではないかなと思った。

 

Stay Gold

率直な感想としてとてもよかった!濵田崇裕が歌い上げたStay Goldが目指してた夢に近いものであってほしいな。後ろで踊りながら花道を歩いていた淳太くんと照史くんがかわいかった。振りも一緒にできてすごく楽しかった。

 

Dial Up

バクステにいた、4人が。オレンジの衣装がステージによく映える。私が知っている重岡くんはジャニーズWESTのセンターである重岡くんだけで、7WESTのメンバーとして立つ重岡くんは知らない。一つ前の記事でも書いたけれど、私はいまのジャニーズWESTが好きだ。だからあの時代に居合わせなかったことを今さらどうこう言うことはない。けれどいまだからこそ4人がステージで同じ衣装を着て歌い踊る姿を見ることができてよかったと思う。

 

NEXT STAGE

NEXT STAGEはただならぬパワーを持っていると思う。歌詞はもちろんだけれど大サビで3つに分かれる歌唱パートだったり大勢がそろえて踊るダンスだったり、とにかくあの曲で行うパフォーマンスは力を持っている。いまのジャニーズWESTは歌うことはもうないと思っていたが、1stドームのあのセンターステージでジャニーズWESTとして歌ったからには、7人が次のステージへ向かうための儀式のようなものだったのではないかと思う。

 

 

ボクら

MC明けの一曲目。私は歌詞カードを読まずに曲を聞くので歌詞をまじまじと見たのは恥ずかしながらドームが初めてだった。優しいメロディーラインに夕焼けの中で歌っているかのようなライティング。曲調的にはTime goes byに似ていると思っていて、この系統を歌うWESTも好きだ。一番好きなのは最後の重岡くんソロ。「ボクはキミの陽だまりになる」なんて重岡くんにぴったりな歌詞なのだろうか...。ふっと心に元気を与えてもらえるような素敵な曲。

 

 

BIG GAME

ハピラキ、ドリキャと続き、新曲「おみくじHappy」を歌うかなと予測していたところに流れるBIG GAME。関西Jr.も本気だ、と思った。ドームのビグゲほど心打たれるものはないのではないか。松竹座1公演を終えて京セラドームに駆け込んだ関西Jr.のかっこよさがWESTだけを応援している人にも伝わればいいなと思う。バクステにFunky8*2だけで立ったのには震えが止まらなかった。いつか単独公演しような...。なお推しの藤原丈一郎くんを肉眼で見つけられなかったためやはり双眼鏡を導入しようと心に誓う私だった。

 

 

クリスマスメドレー

ジャニーズWESTが送るクリスマスの曲を集めたメドレーたち。ラブクリinドーム!そして披露されるべき日に披露されたので喜びはひとしお。もともと7人曲として作られていた曲だというが、今ではあの2人以外に歌える人なんていないよ...なんて言ってみたりする。

この中で特筆すべきなのはやはり濵田くんであろう。

これだけにお金払えるしファンクラブ限定でこの部分のムービーだけでも公開してくれないかと真剣に考えているくらいにはこのメドレーにおけるセクサマが最高すぎた。お世辞抜きで。いくらテンションの落ち込む日でもこれを見ることができたらテンション上がる。

 

 

エエやんけェ‼→アカンLOVE~純情愛やで~→ホルモン~関西に伝わりしダイヤモンド~

ドームでパラパラ踊り出すジャニーズとそのファン。客観的に見ると相当おかしいが、踊っている本人たちはもうはちゃめちゃに楽しいのでなんでもよし。パラパラ、ジュリアナなどはまったくもって世代ではないのだがペンライトを揺らし思いっきりコールをし体を動かすコンサートなんて楽しくないわけない。

そこからオタ芸である。やはり相当おかしいがこれもまあ楽しい。とりあえずこの年末年始忙しさで体がおかしくなりそうな人に本気でお勧めしたい。これは病みつきになる楽しさなのでぜひ踊りを覚えてみんなで騒ぎましょ、って。

 

 

映像

クラブでの映像。さっきまで思いっきりちょけてパラパラ踊ってオタ芸してた人とは思えない切り替わりっぷりで一気に引き込まれるドーム。正直この映像明けはパリマニだと思っていた。ドームでパリマニは披露されるものだとばかり思っていた。

 

CHO-EXTACY

しかしここでこれなのである。望くんの「CHO-EXTACY」というウィスパーとともにピンクの照明で照らされるメインステージにドームは揺れた。この曲は人生は素晴らしいの通常盤に収録されたカップリングで、以前から望くんの推し曲だったが今回満を持して世に放たれた楽曲なのである。黒を基調とした衣装にはたくさんのファーがついておりジャニーズWESTの持つ強さ、かっこよさが前面に出ていたと思う。

 

one chance

新しく発売されたアルバムのリード曲で、レコード会社からはイケメン曲と称されていたこの曲。初めてパフォーマンスを生で見たのだがパリマニ、CHO-EXTACYとは違うダンスナンバーというイメージ。爽やかとかっこよさがちょうどいい塩梅で曲に含まれておりジャニーズらしいあくまでも「イケメン」曲なのである。ちなみに私の中でパリマニとCHO-EXTACYからはエロさとかっこよさをを感じる。

 

 

ラッキィスペシャル→バンバンッ‼

かっこいい曲のあとはラストスパートでまた盛り上げ曲を持ってくるのがWEST流のセットリスト。先ほどまでのかっこいい衣装のまま今度は笑顔で盛り上げる、そんなギャップが楽しめると私は思っている。みんなで歌ってみんなでC&Rをしてまたドーム全体に一体感が生まれるその光景は見ていてとても気持ちの良いものである。ちなみにバンバンッ‼にてようやく関西Jr.の推し藤原丈一郎くんを肉眼で見つけることに成功。踊り方で確信したので関西Jr.コーナーで見ていたあの人は丈くんではなかったかもしれない...謎は深まる。

 

 

挨拶

1人がしゃべるごとにそのメンバーのメンバーカラーでドームが埋まる景色は絶景だった。4万5千人が作り上げるあの空間の中の一部になれたことに感謝。

私が入った24日の公演で印象に残っているのは重岡くんの挨拶である。10年前に暗幕から先輩のコンサートを見ていた自分があそこにいるようで。そういって彼は10年前の自分に手を振るのだ。そのときモニターに映った彼の満面の笑みが忘れられない。10年間諦めることなく歩み続けた彼はいま、自分のコンサートでドームを満員にしているのだ。

 

 

All My Love

ジャニーズWESTのコンサート本編がバラードで終わることは今までなかった。けれど、コンサートタイトルにあるように「感謝届けます」の気持ちとして彼らは本編最後の曲にこれを選んだ。

「支えてくれてありがとう」

私は日々ジャニーズに元気付けられながら過ごしている。いろいろな活力を彼らからもらったし、どんなときもひたむきに目標に向かう彼らを本当に尊敬している。そんな彼らからそういわれると、そんなことないよとついつい言ってしまいたくなる。ドームコンサートが行われる前から彼らはドームに連れてきてくれてありがとう、とよく口にしていたように思う。支え、支えられ、彼らのファンの間には素敵な関係が築かれているのではないか、と考える。

 

 

人生は素晴らしい→青春ウォーーー‼→マ・ル・モ・ウ・ケ

アンコールは「最後はしっかり楽しませて帰る」というジャニーズWESTの心意気が感じられるような曲たちとなった。7人のサンタさんはとてもかわいかった。マ・ル・モ・ウ・ケの前に濵田くんがまだ行きますよー!言ってくれたあの空間が最高に楽しかった。

ドームで初めてのジャニーズWESTコールをしたときにはこれからも彼らについていこう、と素直に思った。あの7人についていけばたくさん楽しませてくれる、笑顔にしてくれる、そう確信したのだ。

 

 

 

 

 

今回、演出で派手な特効などはあまりなかった。その代わりに何がファンの心を引き寄せたかというとやはりセットリストの組み方だと思う。どのタイミングでも退屈になることはなく、様々なブロックが用意されているのがジャニーズWESTのコンサートにおける最大の強みでどんな人でもおいていかない、みんなで楽しむコンサートのスタンスが私はとても好きだ。

 

 

そして私が強く感じたことがもう一つ。それはジャニーズWESTが次のステージへ向かうための公演だったということだ。

 

このドーム公演で必ず入ってくる曲はPARTY MANIACSだと思っていた。先ほどのツイートでもあったように京セラへ向かう道中私は「パリマニは歌うと思うんだけど」と言っているのだ。けれど彼らはそれをセットリストから外した。ホルモンが終わった後に流れたクラブを彷彿とさせる映像はまさにファンが持っているパリマニへのイメージそのもので、ドーム中が「次はパリマニだろう」と考えたと思う。その期待は裏切られた。

パリマニはここぞというところで披露される勝負曲のようなものだ。2015→2016のカウコンで放送前の前座としてパフォーマンスを披露したジャニーズWESTは自分たちのファンだけではない東京ドームでこの曲を歌った。ジャニーズWESTの本気を見せられたような気持ちになった。

だからこそ今回のドーム公演でもこの曲はマストで歌われるだろうと考えていた。しかし蓋を開けるとその座はすでにCHO-EXTACYのものとなっていた。私はどきりとした。まるで「今までの俺らではない、新しい俺らを見て」と言われているようだったからだ。コンサートでこのような経験をしたのは実は初めてではない。2012年のPerfumeのツアーJPNでも今まではここであの曲だったのに、だとかあの曲で締めるのに、といういわば固定観念のようなものを壊すセットリストだった。私はその時に彼女たちの新しい幕開けを感じた。結果その後Perfumeは初めてのワールドツアーを成功させ2016年までに計4回のワールドツアーを行った。また初めてのドームツアーもこの後だった。

 


私はジャニーズWESTの新たな幕開けに立ち会っていた。きっと彼らはこれからもてっぺんを目指して7人で力を合わせて突き進んでいくのだ。私はファンとしてそれをいつまでも見守り、その道を共に歩んでいきたい。

 

ジャニーズWESTと出会えてよかった。これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

*1:Criminal・Can't stop・Eternalの3曲

*2:大橋和也、朝田淳弥、林真鳥、古謝那伊留、草間リチャード敬太、末澤誠也、今江大地、藤原丈一郎の8人を指す。2015年の中山優馬ツアーにて屋良くんより命名。なお非公式グループ。早く公式グループになろうね...!

ありったけのありがとうを

デビューから2年8ヶ月。ジャニーズWESTは私を、たくさんのファンを、京セラドームへと導いてくれた。彼らにとって初めてのドームコンサート。開演前はここ数年で一番と言えるほど緊張しており震えが止まらなかった。

 

彼らはドームコンサートが始まる前、ラジオや雑誌などで「ステージに上がったらお客さんが全然入っていない夢を見た」だとか「コンサートが始まっているのに俺だけ振りを覚えてない夢を見た」などと言っていた。加えて、24日のリハーサルでも「まだ人のいない客席を青ざめながら煽っていた」とMCで話してくれた。

 

彼らの中の漠然とした不安。

 

けれど、そんな心配はいらなかった。白幕が降りた時に彼らを待ち受けていたのは、4万5千個ものペンライトの光で満たされる京セラドームだった。

私はこの光景を彼らに見せることができて嬉しかった。

 

誰か一人が喋る時には彼のメンバーカラーでドームがいっぱいになる。その景色を見て綺麗だという彼らの姿もまた、綺麗だった。ドームコンサートを行う前に背負っていた不安とかそういうものが全て取れて、これからさらに大きなステージに登ろうとする7人の姿は美しかったのだ。

 


照史くんは24日の最後の挨拶で「ありがとうって伝えようと思ったけど、そういう言葉では言い表せれなくて。」と言った。この言葉は私の中である人*1の言葉と重なった。その人もまた下積みが長い人だった。そうなのだ、彼らはデビューに至るまで様々なことを乗り越えてきた。彼らがジャニーズになって、長いJr.時代を経て、あの日あの場所に立つまでには私が知らないたくさんのことがあった。ドームで見たそれは、彼らのジャニーズ史の中のほんの一角でしかない。そして私はその歴史の中のほんの短い期間、彼らを応援してきた身にすぎない。だから松竹座でパフォーマンスしていた時に彼らを見ていたら、という空想をした回数はもう数え切れない。けれど私は、いま彼らを応援している。それでいいと思った。いまの彼らはきっと彼らの歴史の中で一番美しいのだ。一番美しい彼らを応援できる喜びや幸せは何事にも代え難い。

 

 

私はジャニーズWESTにありったけのありがとうを伝えたい。

 

アイドルとして、ジャニーズとして、私たちの前に立ってくれてありがとう。こんなに素敵なコンサートは初めてだった。私はこれからも彼らについて行くのだ。

*1:Perfumeあ〜ちゃん。憧れだった武道館コンサートでの最後の挨拶で彼女は「ありがとう以上の言葉があればいいのに」と涙ながらに言った。

じゃにおたバトン、やってみた

 

遅ればせながらですが便乗させていただきます。長いです。自己紹介は苦手ですがうまくかけていたらいいな!

 

 

 


じゃにーずおたく自己紹介ばとん 


【名前】

もちこ

 

【今の担当は?(複数可)】


名前:重岡大毅ジャニーズWEST

好きなところ:キラキラアイドルなところ。仕事に対しての姿勢。急に何かが外れて本当のキャラクターがよくわからなくなる七色しげちゃんなところ。

担当になったっかけ2014年4月2日放送の少クラでデビューのあの赤衣装をまといかわいらしい声とキラキラなスマイルで歌うええじゃないかを聞いたときにあれあれあれ?となりその年の5月に4年お世話になった嵐さんから降りた。

 

名前:藤原丈一郎(関西ジャニーズJr.)

好きなところ:芸人兼ジャニーズなところ。関西Jr.の中でも歴は長く、信頼の置けるパフォーマンスと関西らしいノリのいい話術がうまい具合に融合しているところ。踊ってる君が好きです。

担当になったきっかけ:2015年、優馬くんが少クラに出たあたりから関西Jr.で担当とか決めるのなら丈くんだなと思っていて、その後少年たちに入ったとき気づいたら丈くんロックオン。

 

名前:KAT-TUN

好きなところ:強くてかっこよくてかわいいところ。ライブの演出がはちゃめちゃに派手なところ。知れば知るほど好きになっていったからみんな軽率にKAT-TUNのライブDVD見ちゃおうよ、って言いたくなるところ

担当になったきっかけ:動画サイトで久しぶりに有閑倶楽部でも見るか〜と8年ぶりに見たこと。そこから始まりあとは動画サイトの関連動画をひたすらクリックすればいい感じにハマった。あとブックオフは正義。


【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】
2010年の初め。当時絢香が好きで、PVのまとめサイトみたいなところで絢香の後に嵐の名前があった。最近話題だけど嵐はよくわからないなと思ったので話に乗るためにLove so sweetのPVを見た。ど田舎の小学生だった私にはあのPVがものすごくおしゃれに見えたし魅力的だった。5月、何もなかったけれど親にウォークマンと嵐のベストアルバムを買ってもらった。

 

【担当遍歴】
(じゃにおたになる前、茶の間でかっこいい〜って思ってた人も含めます)
木村拓哉3歳くらいからスマスマを毎週録画してもらっていた)→赤西仁ごくせんも有閑倶楽部も死ぬほどかっこよかったよ…)→)松本潤〈2010.4(多分このときくらい)〜2014.5〉→玉森裕太〈2014.1〜2014.4(もはや担当と呼ぶのはおこがましいですが一応)〉→重岡大毅〈2014.4〜〉 藤原丈一郎〈2015.8〜〉 KAT-TUN〈2016.7〜〉

 

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

○しげりゅせ重岡大毅藤井流星
同期!!何と言っても同期!!やっぱり同期のよさは何事にも代えがたい… 同じ日に芸能界に足を踏み入れているだなんて…そこからこんなアイドルが生まれるだなんて…*1目立った絡みとかはないけれど、プライベートではちょくちょく遊びに行ってるみたい。最近だと11月5日公開「溺れるナイフ*2の試写会に2人で行ったこと。そのあとカフェに寄り、重岡くんは流星くんのパンを勝手に一口かじったそう(流星くんはお手洗いに行っていて不在)。なんだそれ。あとシンプルに顔が好き。

 

末ズ松本潤二宮和也
私の推しコンビ原点… こちらは同い年。嵐の中で末っ子2人だけが同い年で末ズっていうコンビ名なのがめちゃくちゃかわいい。隣に座ってるだけでわける。最近のしやがれだとデスマッチ戦で末ズが隣になったらいつも荒ぶっている。

 

【1番心に残ってる現場】

ラッキィィィィィィィ7(2016/3/25@大阪城ホール

 

【初めて行った現場】

少年たち (2015/8/14@松竹座)

 

 

【最近行った現場】

上に書いたラッキィィィィィィィ7

 

【次行く現場】

未定ですよ…早く自分でお金稼げるようになりたい…

 

【記憶に残ってるファンサ】

康ニくんが松竹座の花道から手を振ってくれたこと(都合のいいように受け取るおたく)

 

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

THE D-MOTIONKAT-TUN
すごい勢いで好きになっている。これ嫌いなわけないやん!最高やん!レーザー!!ダンス!!ピコピコ!!1日に10回は脳内で再生されるレベルにはすきだよ!!すきです!!(うるさい)

 

キミコイジャニーズWEST
お洒落でジャズテイストなサウンドがすき。どこか外国の香りを感じさせてくれて、なおかつ好きな女の子に向けて歌ってるの最高にかっこいい!!すき!!爆モテ集団ジャニーズWESTが歌ってるのでまたさらに魅力が増す!!

 

for now and forever ジャニーズWEST
パリピポツアーのオーラス、みんなが本当にいい顔をして歌って踊っていたのが印象的。爽やかな曲調かと思えば急にゴリゴリな音に変わってがしがし踊るのがすき。聞いていて面白い。

 

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

PARTY MANIACSジャニーズWEST
曲もそうなんですけどなんといっても振りがかっこいい。センステでぐるぐる回りながら落としていくWESTは最高。ウィアパリメニエッ!!みんな巻き込まれた!!

 

Missing Piece中山優馬
優馬くんの曲はどれも素敵な振り付けばかりだけど、この曲は特にすき。踊り出してしまう。私は屋良くんの音のはめ方がものすごくすき。これに尽きる。

 

Toxic LoveジャニーズWEST
いつもとは違う大人な曲調で踊り、歌うWESTさんがすき。見たらなんとなく感じとっていただけるかも…?いつか生で見てみたいけど無理かな…

 

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

・Criminal
・Missing Piece
・水の帰る場所
・XOXO(キスハグ)
・舞い、恋
・YOLO moment

とりあえず屋良くん演出の曲で踊りたい。

あともしJr.だったらSnow ManみたいなJr.になりたい。

 

【1番好きなペンライト】

ジャニーズWESTファーストコンサートのコテペンラ

 

【1番好きな衣装】

PARTY MANIACSの7人ばらばら衣装f:id:mochi_pan:20160903001424j:image

 

【よく買う雑誌】

WiNK UP
気付いたら毎月買ってたりする。

 

【この映像は見て欲しい!というオススメ】

中山優馬 1stツアーの映像


KAT-TUN 10Ks!

 

【ジャニヲタになる前の趣味は?】

これといって特になかった

 

【最近気になっている子】

今はど新規ほくほくマンなので落ち着いています。

 

【最後に一言!】

なんだかんだでDDです。だってみんなかっこいいんだもん!!地方のど田舎住みのため現場の回数は本当に少ないけれど、日々いろいろ愛を叫んでいます。よろしくお願いします!

 

 

すごく楽しかったです。ここまで読んでいただきありがとうございました!

*1:ジャニーさんありがとう、長生きしてね…

*2:オフィシャルサイト→http://gaga.ne.jp/oboreruknife/

KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR “10Ks!” を見た話

ジャニヲタしている上でいつ誰に落ちるかわからないからちゃんと心づもりはしときなさいねって私の中の私がいつも言っていた。そんな言葉を言い聞かせられて2年と半分くらい経った。久しぶりに新しい沼が見えた。

 

ということで最近KAT-TUNの沼が足元迫っている、というより最早顔半分くらいまで浸かっている私は昨日、フラゲ日にこれをゲットした。

 

 

 

 

 


 ご縁があれば初回盤買おうと思っていたが、むしろ初回盤しかなかったので問答無用で買ってきたったわ初回盤。

 

 

なにが言いたいかというとまるっとまとめてKAT-TUN最高だっていうこと。天才すぎるKAT-TUN。強すぎるKAT-TUN

 

 

私が小学校に入学するくらいのタイミングでデビューしたKAT-TUN。ごくせん見てました。あの時もうデビューしてると思ってたけどあれJr.だったんだね…信じられないわ…。

当時小学生の私にはKAT-TUNはめちゃめちゃ怖かった。だって服黒いしジャラジャラしてるし何よりも!あの目つきが怖かった!あんなん見たらトラウマだし!

でもKeep the faithの時は確かにかっこいいなと思った。魅録様に惚れてた小2。ませガキかよ。

 

なんだかんだでまさかKAT-TUNに落ちるとは思っていなかったから、過去の自分にいやあんた人生損してるわ〜って言いたい。ごくせん見てる5歳の自分に少クラ見せてあげたい。突き落としたい。

 

私が怖がっていたKAT-TUN。でもかっこよかったKAT-TUN。しかし10周年を迎える今年、メンバーは3人になった。

 

まさかWSで見ていたあの映像の一部始終が私の手元にやってくるとは3ヶ月前には考えもしなかったことである。

 

その前に、私は中古でこれを買っていた。780円プラス税だった。千円札出したらお釣り返ってきた。

 

 

KAT-TUN Live of KAT-TUN

KAT-TUN Live of KAT-TUN "Real Face" [DVD]

 

 

 6人でのデビュー後のLIVE TOURの最終公演、東京ドームでの模様を収めたものだ。

今まで映像で見たことのあるジャニーズのライブといえば嵐、ジャニーズWEST、キスマイ……これらのどれとも違った。

それは当たり前なのだが、なんだろうなオーラが違った。

だってデビューしてすぐのコンサートなのに落ち着きがすごくてもう完成されている空間。ジャニーズなのに5曲に1回くらいしか踊らなくない?あれ、ムービングステージ多用するから花道がねぇ!!KAT-TUN様自分のおみ足を無駄使いしねぇ!!なにこれなんで一曲終わってすぐのアピールコーナーカメラ睨んでるだけなの信じられねぇ!!

 

カルチャーショック。

 

すごかった。まずドームを埋められるだけの力があるのがすごいし、そこで行われるパフォーマンスもみんなの個性が溢れたものたちの集まりだった。うん、KAT-TUNは最高にかっこいい。

 

さて、そこから10年。Jr.時代の曲を集めて作ったライブと同じ場所で、アニバーサリーコンサートを行った。デビューしてからたくさんの曲ができた。シングル全曲とファンの好きな曲たちを集めたセットリスト。盛り上がらないはずはないよね。楽しくないわけはないよね。

 

でも、10年前に6人で埋めた東京ドームのステージの上に10年後の今経ったのは3人だけだった。

 

ここに来るまでのすべて見てきてないし、ただのど新規がなに言ってるんやという話だが、でもKAT-TUNは強かった。かっこよかった。

 

きっとKAT-TUNというアイドルは何があってもずーっと強くてかっこいいままなんだなと思った。

 

 

これはすごく不思議だったのだが、東京ドームがものすごく狭く感じた。

たった3人だけがステージに立つ東京ドームはPerfumeが2回やってきたから知っている光景だけど、KAT-TUN3人で立った東京ドームはやけに狭かった。

 

KAT-TUNのパワーは計り知れないし、もっと大きなところでパフォーマンスする彼らが見てみたいと思った。

 

 

一曲ごとに話そうと思ったらかっこいい!とかエロい!とか強い!とかかわいい!しか出てこないので割愛するが、とにかくKAT-TUNかっこいいし強いし最強だからみんな一緒に見よう。買おうよ。

 

 

とりあえず、これ見ながら早く充電完了するように待ってますので!!!全力で待機しておきますので!!!

 

以上。

 

地方住みのブルース

なんでわたしは地方住みかな〜。愛はこんなにも大きいのに都市部が遠いからってだけで直接見ることすら許されないのかよ!

今回はジャニーズ絡みではないんだけどね?


好きで好きでたまらないし会いたすぎて震えてるしというより最近映像みたら会いたさに拍車がかかって映像見れない!というレベル。重症かよ。

重症だから行けないってわかってリアルに泣いた。

次がいつあるかも正直わからないしほんとに今年にかけてたけど叶いそうにないなぁ。儚く散ってしまったよ。


自分ほんとに運がないというかなんというか彼女ら絡みに関してはちょっとタイミングが悪い。

一昨年はコンクールとどかぶり、今年は学園祭とどかぶり。

さすがに学園祭休めそうにないから大阪にかけたけど無理だったよ!知ってた!


お金がない、場所が遠い。なんで日本こんなに広いんだよ!!!そしてよりによってなんでこんなに大阪に出るまでお金かかるんだよ!!!新幹線高いよ!!!どこでもドア作って?!それか日本縮んで?!

あと自分早く稼げるようになったらそんな問題も多分出てこないね?!あと数年の辛抱かな…


乱文失礼致しました。ですが私たちのPerfumeは一切悪くありませんのであしからず。かっこいい動画でも見てさ、みんなPerfumeにハマってよ。ちはやふるの主題歌。


最新DVD・Blu-ray映像作品のティザー映像



あと昨日WESTの前にPerfumeが歌ってた歌のPVも貼り付けとくね。



これ全部YouTubeの公式チャンネルに上がってますのでお時間あればいろいろ見てください!


みなさん!Perfumeは10月から全国3都市でドーム公演をします!ぜひ足を運んでこの良さを実感してください!!!まじPerfume生で見たらやばいから!!!

私の魂も送りつけておきます!!!!!




ひたむきに頑張る人は

この間、久しぶりに中山優馬くんの1st tourの模様を収めたBlu-ray*1を再生した。本心では毎日再生したいくらいなのだが、この映像に詰まっているたくさんの輝きをいっぺんに身体に浴びるのはもったいないというか、居た堪れない気持ちになるというか。なので私はほんのたまにしかこの映像を再生しない。

何が言いたいかというと。

この映像は本当に素晴らしいのである。たくさんの人の汗と涙が詰まったこの作品は私ごときが文字にして魅力を伝えるのは恐れ多いくらいである。




主役は優馬くん。そしてバックダンサーとしてついているのは関西ジャニーズJr.の大橋和也くん、朝田淳弥くん、林真鳥くん、古謝那伊留くん、草間リチャード敬太くん、末澤誠也くん、今江大地くん、藤原丈一郎くんの8人。このステージの演出等を担当した屋良朝幸くんが彼ら8人のことをFunky8と呼ぶ。

優馬くんはもちろんなのだが、Funky8もまた素晴らしい。

関東と関西、たくさんのジャニーズJr.がいる中でオーディションでバックJr.として選ばれた8人は今までにない大仕事をやり遂げようと必死に屋良くんの振付に食いつく。このチャンスを逃さないように、この先へ進めるように。

初回盤のみに収録されているドキュメンタリー映像では少ない時間で多くのものを吸収しようと無我夢中に練習に励む彼らを見ることができる。これを見る度私はこう思うのだ。


ああ、自分はこんなに一つのことに必死になれるのだろうか。


人間のパワー。彼らがひたむきに頑張る姿にはもっと上に行きたい、という強い気持ちが見てとれる。まさに向上心の塊だ。そんな姿を見てまだまだ自分もできるのではないかと思うのだ。



アイドルに励ましてもらうことは多々ある。落ち込んだ時に彼らの声や歌を聞いてパフォーマンスを見ると気持ちがぱっと明るくなる。

それとはまた違う感覚になれるのがこの映像なのだ。自分ももっとやらなきゃ。頑張らなきゃ。

新しい形でアイドルから励ましをもらった。気合いを入れられた。




*1:完全受注生産限定盤のため4形態すべて現在は販売終了